Peace - Burial at Sea 「平和 水葬」  1842年作  Joseph Mallord William Turner    ●●●憲法に合わせて「武装永世中立国に」 モミ米のまま食糧備蓄を
by heibay
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
タグ
リンク
お気に入りブログ
最新の記事
最新のコメント
山口さま、こんにちは。 ..
by heibay at 16:18
ハシゲじたいはしょうもな..
by 山口透析テツ at 16:50
山田様 軍令部に、山本..
by heibay at 11:13
桃が池、万代池の部分は訂..
by heibay at 06:35
はじめまして。興味深く読..
by 山田一郎 at 03:30
風まかせの旅には、3ヶ月..
by プロギャンブラーのぶき at 01:28
百済難民が渤海に移動..
by くだら at 17:33
こんにちは、 日本..
by heibay at 09:30
中国の知人も 1元 ..
by Tukasa-gumi at 01:42
絵画でのヨセフ(聖母の夫..
by heibay at 20:12
twitter
以前の記事
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2014年 10月 31日

円安

福田赳夫蔵相(当時)が昭和天皇にご進講した折、時の円安をして陛下に輸出もよくなりますし結構なことだと説明申し上げたところ、陛下から「円が安くなるのは我が国の通貨の価値が下がったということではないか」と述べられ赤面で引き下がったとのこと。
今も昔も事実は一つ。

まぁ通貨が高くて潰れた国はないが、通貨が安くなって潰れた国はいくらでもあるやろ。


円安は、数量ベースの輸出増につながらず、短期的な影響は敗者(個人、中小企業)から勝者(輸出企業)への富の移転、ゼロサムとなった…勝者の恩恵が敗者にどれだけ還流するか…ゼロサムに変わりはない」(日経・経済教室)。



追加緩和したのは、所期の効果が乏しかったことの証左。今後は勝算のない小出し緩和になる。


日銀は世界2番目のブタをやっているが、世界一を目指すの? 
もう出口から出ようとしているFRBの金融緩和がGDP比で日銀の2007年と同じ。

中央銀行のB/Sのブタ度
f0044065_18263901.png





[PR]
by heibay | 2014-10-31 17:48 | 金融・経済 | Comments(0)
2013年 04月 09日

えらいことしてくれた日銀

 日銀黒田総裁が、日本を実験台にした壮大な実験を始めた。
f0044065_16571523.png

中央銀行は消防署で、火をつけるのは政府です。 これが、政府が消防署長に放火魔を雇った訳。もちろん放火魔やから火の消し方は知りません。

 原田武夫氏が数年まえから、日本国債からのキャピタル・フライトが起こると言われていて、2013~15年って話しだったが、そんなことはないやろと思い聞いていたが、まさか、日銀総裁にキチガイを就任させ、それが起こる可能性が濃くなって来るとは、夢にも思わなかった。

中央銀行のバランスシートでは、お金は負債、昔は対する資産は「Gold」だけど
現代では「国債」 つまり、「紙切れ(金)」の裏付けが「紙切れ(国債)」な訳。

 ところで、この放火の理論は、シカゴ学派の理論で、
GDP=貨幣量(QE)X 回転率 
貨幣量を増やせば、GDPが上がるってやつ
だけど、本当はGDPが上がるから貨幣量を増やすのだけど。
そのための米中国交回復だった訳だし。

日銀がやったこと、
日銀の国債引き受けずっとやっていく。
つまり国債が市場に出回らない。
国債に流動性がなくなる。
今日、日本の金融機関のバランスシートに計上されている保有国債の総額はGDP(約540兆円)の約80%に上る。
邦銀の資産勘定の国債が安定した資産と見られなくなると、BIS規制により邦銀の資産がズタズタ。
金融不安のリスクにさらされることになるだろう。

twitter 2013-4-9
「日銀が「異次元の緩和」をすれば通常は金利低下という風に反応すると考えるが、実際に起こるのは乱高下であり終値ベースでは金利上昇である。流動性や市場機能の低下が起こると、こういういことはもっと起こりやすくなる。」



(引用)

厭債害債(或は余は如何にして投機を愛したか) 2013/04/08

 今回の「異次元の」緩和でもう40年までの年限で日銀が全部買います、みたいな話で、発行額の7割相当もお買い求めになるらしくて、あっというまに生保の運用ができない水準に近くなっていて、おそらく多くの保険会社では運用計画の見直しを迫られることだろう。 マネタリーベースの増額見合いで買う量的には金融機関の預貸ギャップなどどこかへ吹っ飛んでしまうレベルで、それこそ「市場」で取引される国債が極めて品薄になってしまうという事態が想定されるのだが、これってまさに「市場機能(とくに価格発見機能)の喪失」に他ならないので、言うならまさに麻薬で病状の深刻さが覆い隠されてしまうことがしばらく続くのである。

(引用終わり)


日銀が緩和しても、市中銀行は金を貸せないし、ので、博打経済に金が行く。
f0044065_17205114.gif




喜んでいるのは、金融マフィアの総元締めIMF。
 
「日銀緩和策、世界経済支援で歓迎される措置=IMF専務理事」
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE93600T20130407?rpc=131

IMFときたら、破綻した国に金利20%で貸し付けて、根こそぎ奪っていく。


白川前総裁は、2011年3月11日、地震のあと、邦銀が決済資金を抱え込んで、市場にマネーが流通しなくなったとき、緊急に金融緩和をして世界経済を救った人。 その方をボロカスに言う日本のマスコミはどれだけ金融マフィアの手の内に入っているん?

(日銀データ  表画面をクリックすると大きな画像が
f0044065_17134221.gif

[PR]
by heibay | 2013-04-09 17:18 | 金融・経済 | Comments(0)
2012年 01月 01日

謹賀新年

あけまして おめでとう ございます。


f0044065_1015453.jpg

 今年からバブルの前兆?  (投資は自己責任で)
 日銀は金融緩和を世界一やっています。 (← ココ )
そして、復興事業、首都高など大きな公共工事が小泉内閣以来の再開です。(なので小渕内閣は偉かった) いくら日銀が緩和しても、市中銀行は貸出先がありませでした。 それが公共工事で売り上げが見込める企業が続出。 当然のごとく市中銀行から 金が一般社会に流れると予想します。 また大阪の百貨店でも絵画が売れ始めています。

f0044065_10172255.jpg
日本酒は、 『 浦 霞 』
由来は、「塩がまの 浦の松風霞むなり 八十島かけて春のたつらむ」 (源頼朝)



 質素な お節料理 ですが、このくらいあれば十分です。 野菜の「炊き合わせ」は、日ごろ作れないので、お正月の楽しみです。 日本酒持ち寄り会で呑ませていただいた現代の名工 南部杜氏 藤尾氏の「あさ開(あさびらき)」が、近所のスーパーにあったので、新年を祝う日本酒にしました。
f0044065_10325096.jpg
 
本年もよろしくお願い申し上げます。




(関連)金融緩和とシカゴ・ボーイズ 【 2011-12-07 】
[PR]
by heibay | 2012-01-01 10:46 | その他 | Comments(13)
2011年 12月 28日

将軍様は生きているか?

f0044065_9224572.jpg まず、写真です。 将軍様の遺体の周りの赤い花。 キリスト教では、この世の死は天国での誕生日。だから、赤い花
 でぇ~半島でキリスト教? 統一教会の匂いがプンプン。 韓国のキリスト教の発展は、米軍統治時代にキリスト教の信者になれば、教会で食料がもらえるからと、何かに書かれていた記憶がある。
 昔、出回った精巧な偽ドル札。ドイツがあの札を刷れる印刷機を北朝鮮に売った事はなくCIA製だとリークして以来 姿を消しましたが、 CIA→ KCIA → 統一教会 → 将軍様 とつながってしまいましたね。


 zakzak 2011/12/26 『北朝鮮に権力闘争の予兆…“後継者”金正恩の破滅シナリオ』の原田武夫氏の文には、

(引用)

「先週、イラクでは米軍の完全撤退によりオバマ大統領が戦争の終結を宣言した。これは米国が再び戦闘可能になったことを示す。今の米国にイラクと北を相手にした二正面作戦は困難だったが、北朝鮮に注力できるようになった。米国との対峙を避けるため、北の体制移行はすべからく絶妙だったとみている。今後はマカオの正男氏がファンドマネジメントで稼ぐ資金を糧としながら、経済の安定を目指す正恩氏の体制が続くだろう」

(引用終わり)


 また、原田武夫氏ご自身の見解をビデオで、



 将軍様は東南アジアの金持ちのファンドマネージャーであり、金融でのビッグ・プレイヤーだと。(以前の解説では、北朝鮮が軍事行動を起すと株が下がる、つまり株価をコントロールして儲けることが出来る)。 需要喚起のための戦争。イラク撤退した米国がいつ東アジアに来るか分からない。 北朝鮮は変わりましたと米国へのアピール。 もしシリアが戦争になると仲のよい北朝鮮へ火の粉。 つまり壮大な院制。
 また 金融でのビッグ・プレイヤーローマ法王も、この時期病気。 世界の動きを外から見ないと的確な判断を下せないと判断。
 今後、体制返還で普通の国になるだろう。 日本が頼るのは韓国、なので日韓会談で韓国は強気。 日本に今後必要なのは、対北朝鮮や対韓国でなく対半島ポリシー。 半島は一体。 朝鮮半島政策が仕切れる政治家がリーダーになるだろう。 日本は豊臣秀吉など半島とは関係が深い。
 北朝鮮も新しい形にするため金成日が亡くなった形にした可能性が高い。 中東で戦争が起きたとき東アジアにお金が入ってくる。その果実を取ろうとする韓国・北朝鮮。 中国は朝鮮族の少数民族問題を抱えているので勢いづいて欲しくない。 ロシアはAPECなので北朝鮮を使おうとする。 日本も利権にあやかろうとする。
 マネーにおける国際政治の中心舞台に東アジアがなろうとしているので、先代の社長(将軍様)は退いた。そして何事もなかったかのように米朝が国交正常化が始まる。 日本はその動きに追いつけるか?その感覚をもったリーダーが選ばれるのか?が、焦点になってくる。

(以上 ビデオ終わり)


 大阪は朝鮮半島ビジネス最前線なのに、大阪都などアホなことをやっているので、遅れに遅れるでしょうね。 平松前市長がやろうとしていたガスタービン発電所も中止。 電力不足どないすんねん!! 新市長は「削減、削減、カジノ」だけで全く成長戦略のない市長ですからね。


(関連) カテゴリ:皇室の歴史 http://heibay.exblog.jp/i25/
[PR]
by heibay | 2011-12-28 10:27 | 政治・社会 | Comments(0)
2011年 12月 15日

映画 『1911』 と 銀本位制

 映画『1911』 公式ページ 音が出ます。http://1911-movie.jp/
 孫文を扱った映画で中国の広報映画みたいな感じでした。
f0044065_11115419.gif


 映画で気になったのは、最後の場面で、辛亥革命後、清王朝一族に月400万ディナールの白銀の年金を与えると孫文が決定した場面でした。 つまり、当時の中国は、「銀本位制」。 映画では扱われませんでしたが、孫文の革命軍が「金本位制」の手先としたら、辛亥革命もロス茶により仕組まれたとしたら納得。
 何しろ、革命には金が要る。 だから大きな金融が着かないと無理なんです。 
太平洋戦争で、魚雷が一発20万円、当時はまぁまぁの家一軒5000円の時代。
現代 機関銃の弾一発 7.62mm(308Win)は、100円ぐらい。 12.7mm(50BMG)は3~5ドル。 だから、マクドのハンバーガーや牛丼が飛んでいるのと同じ。


f0044065_95926100.gif ところで、江戸時代、経済の中心は大坂。こちらは「銀本位制」。そして、清も「銀本位制」。 だから、"Bank" を訳すと「銀行」になってしまいました。
 当時、世界の覇権国は英国。 
英国はGoldを産出する南ア、カナダ、オーストラリアを植民地として支配。 なので、「金本位制」が都合がいいわけ。 つまり、明治維新とは、「銀本位制」から、いち早く 「金本位制」 を受け入て、国家百年の計を一金融屋のロス茶に委ねた恥ずかしい歴史。 
 その後、台湾(明治28年)、朝鮮(明治43年)、満州(昭和6年)と日本が支配するってのは、ロス茶「金本位制」のを広げることと同じだったのですね。  ところが、あまりにも英国が横暴なので、日英同盟は大正12年に破棄させます。 
 そして、昭和5年の金解禁あたりからシカゴ・ボーイズが表に出てきて、海軍が起こした昭和7年の上海事変その後、日中戦争で山本五十六が行った、南京空襲。海軍とシカゴ・ボーイズの共同作戦にしか見えません。 特に海軍にとって、艦艇が動力が油をになったことで、いち早く米国の手下になったのは自然です。


そして、蒋介石が孫文の後継者としたら、ロス茶くさいので、シカゴ・ボーイが立てたのが毛沢東だったのかなと思ってしまいます。 そして、日本軍にロス茶のサスーンを追い出したとすれば納得。

 こう見てみると、明治維新と台湾、朝鮮、満州と1911年「辛亥革命」は、ロス茶の「金本位制」の歴史。 その後、日中戦争、日本海軍、毛沢東がシカゴ・ボーイズの歴史。 
とどのつまり、アジアの歴史が 「銀本位制」 から 「金本位制」 そして 「石油」 に移っていったことなんでしょう。


(関連)
盧溝橋事件から 【2010-05-24 】
海軍と検察 【2010-01-15 】
[PR]
by heibay | 2011-12-15 01:02 | 映画 | Comments(0)
2011年 12月 07日

金融緩和とシカゴ・ボーイズ

 米国で洗脳された高橋洋一氏 ( →ココ ) が金融緩和をするとインフレで円安になるとと言っているが 日銀はすでに金融緩和をしてし、又、理論的に間違い。 
GDP=貨幣量(QE)X 回転率 のシカゴ学派の理論で、貨幣量を増やせば、GDPが上がるってやつ。 しかし実際はGDPが上がるから 貨幣量を増やすのです。 
f0044065_23403189.gif
 日銀がどれだけ緩和しているかは、日銀の主要時系列統計データ表(月次) のマネタリーベース平均残高の日銀当座預金残高を見ればわかります。なんと2011年11月末は、35兆0151億円 の過去最高。 つまり、銀行はいつでも金を貸せるけど貸さない状態。 

 ところで、米ドルの裏付けは、GDPと原油。 歴史的には、このGDPを上げるため行ったのが、ニクソン大統領時の米中国交回復です。GDPが増えた分だけ米国債を増やせるのですが、紙幣の裏づけが紙切れでは不安。 そこでリヤド協定の闇の部分(1972年原油決済は米ドルする)。原油決済をユーロにしたのがイラクのフセインであり、イランです。
 
 米国金融を押し付けるのが「シカゴ・ボーイズ」 原理的な市場原理主義を信奉する経済学の一団と言える。シカゴ大学の経済学部を中心に受け継がれてきた。 米国が投資したものを回収する目的で、法制度を押し付けるのですが、それは、「小さな政府・自由放任市場主義」で 竹中平蔵や高橋洋一などの学者が、突如として政治の舞台に出てくるわけ。 地下鉄民営化を言ってる「橋の下」が当選してしまう訳。 映画 「1911」 では、鉄道を担保に外国から金を借りる清王朝に対して民衆は暴動を起しているけど、今の日本は、民営化はすばらしいと洗脳されているんですね。 民営化とは財産の切り売りでしかありません。

 また、歴史的には、モルガン商会のトマス・ラモントと井上準之助がやった金解禁(1930年)ですね。 金解禁のように日本の金融を狙っているのがTPPですね。

 金融緩和を言っているのが、政治家では中川秀直、学者では小泉・竹中の郵政民営化や構造改革のブレーンとしても貢献した加藤寛、テレビタレントでは高橋洋一。 バリバリのシカゴ・ボーイズですね。
[PR]
by heibay | 2011-12-07 00:22 | 金融・経済 | Comments(0)
2011年 10月 21日

ちょっと円高の実質実行為替レート 

 ビッグマックの値段ですが
ニューヨークで $3.99 (ドル円 ¥77で 307円)
  ユーロ圏で €3.44 (ユーロ円 ¥104で 358円) 
 海外に行っても、それなりに物価が上がっているので、ヨーロッパでまったく円高を感じれなかった訳ですが、

日銀の実質実行為替レートが 2011/9末で 106.72(少し円高)です。
http://www.stat-search.boj.or.jp/ssi/mtshtml/m.html
f0044065_321522.gif

 阪神大震災の時は ドル円が80円割れ、実質実行為替レートが 151.11 まで行っているので、この時、海外に行かれた方の話では、円高を実感できたと言われています。
 逆にリーマンショック前のドル円が¥120、ユーロ円が¥170 の時は実質実行為替レートが 79.68 で、ドル円が¥250から¥150に落ちたプラザ合意と同じ状況でした。
 まぁ 円高だと国際社会から認めてもらうには、実質実行為替レートが120以上は入るでしょうね。

 円高で輸出産業が苦しいと言っていますが、上場企業のボーナスは輸出産業のほうが多く、実態は内需関連のほうが、もっと苦しいわけです。 円高で何が苦しいか? 輸出産業の内部留保が200兆円。これが外貨建てなら、評価損がでて、税収不足になります。 アメリカの犬である官僚が、おそらく、企業に対して海外で出た利益を円転するなと指導してきたなら、円高でもないのにマスコミで国民を洗脳して介入することも理解できます。
 よれよりも 中国が365億ドルの米国債を売って、日本が介入で 4兆5000億円分の米国債を買ったわけですから。中国と米国は つうつう なので、中国は売ると宣言していたから日本は役に立たない介入をさせられたのでしょうね。

heibay が考える為替水準は
ドル円 ¥80
ユーロ円 ¥108
ユーロドル 1.35
ぐらいです。相場は行きすぎがあるので2割高の円高もあると考えます。

ちなみに1999年12月末の為替レート
ドル/円  ¥102.51
ユーロ円 ¥103.08
ユーロ/ドル 1.0062
実質実行為替レート131.37

2000年は円高で迎えた正月でした。
[PR]
by heibay | 2011-10-21 03:51 | 金融・経済 | Comments(0)